hanaUta’s diary

ミニマリストになりたい主婦の雑記

MENU

食費節約 ~パントリーチャレンジという選択肢~

f:id:hanaUta:20200616143535j:plain

パントリーチャレンジという言葉、皆さんは知っていますか?

私は最近になって知ったのですが、これは「パントリー(食糧庫)の食べ物を食べつくすまで、買い物にいかないチャレンジ」のことです。

ほとんどの家庭は食糧庫=冷蔵庫だと思うので、冷蔵庫の中身を空にするチャレンジですね。

私がこのチャレンジを知ったのは、冷蔵庫内の断捨離がきっかけでした。

ミニマリストになるべく、冷蔵庫もすっきりさせようと思った私。

消費期限などが過ぎた食品は容赦なく捨てればよいのですが、まだ食べられそうな食品は少しずつ消費しなければいけません。

 

ちなみに私の見解として、「物を減らすには、物を増やしてはいけない」というものがあります。

 

なので私はしばらくの間買い物にいかず、冷蔵庫の食品を消費することに集中していました。知らず知らずの内に、パントリーチャレンジを実行していたということですね。

さすがに家族の食事を担っているので完全に0にすることは不可能でしたが、私の把握していない食品はほとんどなくなりました。

そして、食費の節約ができるようになりました。

最終的に冷蔵庫を空にしたいので、無駄な食品を買わなくなるんです。常に使い切ることを意識するので、野菜が腐ってしまったり、同じ食品を買っていたということもなくなります。

人によっては、5000円程の節約になるのではないでしょうか。

余計な買い物というのは、存外馬鹿にできない出費だったのだと今は思っています。

このチャレンジは、自炊をしない方にも有効だと思います。

少しだけ手を付けて、飲み残してしまったジュース。買い置きしすぎて、スペースを占拠するだけのインスタント食品。常に食べれるように、買い足ししてしまうお菓子たち。もう期限がすぎた、非常食......。思い当たること、ないでしょうか?

節約方法のひとつとして、家にある食品たちを確認してみませんか?

そしてパントリーチャレンジが有効そうなら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

 hanautaトリビア:自炊歴は7年目。レシピを見ながら、計量きっちり派。